就留女の海外放浪記録

留学、旅行の記録

ベトナムの交通事情

東南アジアの交通事情といえば、バイクの多さが1つ挙げられる。特に、今回紹介するベトナムは最もバイクで道路が混み合っているという。より発展してそうなタイのバンコクよりもバイクの数が多い様子なのは意外だが。

今回はベトナムの交通事情について紹介していく。日本がいかに、安全で、ルール、マナーがしっかりしているかがわかると思う。

現地に渡る人は、以下のことを参考に、交通事情も含めて現地での時間をエンジョイして欲しい。

 

 

 

譲り合い精神ゼロ

我先に感がすごい…。

ある程度我が強い性格にならないと、ベトナムの交通では生きていけないだろう。

ちなみに、止まって歩行者を横断させようとする人はゼロだった。(ちなみに歩行者は横断する際、車の合間を縫ってゆっくり横断すべし。)

 

 

飲酒運転多し

取り締まる人もいない

誰でもやるし、そのまま後ろに人を乗せて運転している。

実際私は、飲酒運転バイクの後ろに乗ったのだが、涙が出そうなくらい怖い思いをした。

 

渋滞しすぎて、意外とスピードはゆっくり

車と車の間を敷き詰める、おびただしい数のバイク

渋滞はこの国の最重要課題の1つである。どれだけヤバイかというと、救急車やパトカーなどの緊急車両が動かなくなり、到着が大幅に遅れるくらい。

f:id:brd1267:20190201183121j:imagef:id:brd1267:20190201183217j:image

国民の九割型はバイクを運転できるんじゃないかというくらいバイクの所有率は高い。

狭いところまで入り込めるバイク。ちょっとした徒歩圏内でも、バイクで移動するくらい、人々はバイクに依存した生活を送っている。

そんな感じであまりにもバイクの数が多すぎるため、運転スピードは30キロ以下になる。そのため、バイクの後ろに乗っても、スピード感に恐怖を覚えることはほぼ皆無である。

 

公共交通はバスくらい。

なぜみんなバイクを乗りたがるのか?それは、電車や地下鉄が'ほぼ'ないに等しいから。

実際、南北を結ぶ長距離鉄道は存在する。ちなみに、電車や地下鉄も現在建設中である。しかし、それらはインフラとしてあまり機能している様子はない…。

日本円換算で、50円以下で乗れるバス網は、都会の方では発達していて、利用者もそこそこいる。しかしもっとも交通手段としてベトナム人の生活に浸透しているのは、バイクである。

現地のような、日差しの強い気候の下で生活すると、歩くことが億劫になる。そこでバイクさえあれば、自宅から目的地まで歩くことなく到達できる。小回りも効いて、難解な運転技術もいらない。そして車よりも圧倒的安価で購入できる。だからこそ公共交通が発展せず、バイク文化になるのだ。